吉野家のお新香 白いツブの正体は「糀」2019年6月

久しぶりの吉野家。牛丼は吉野家が一番好きです。特にこのセットが好きです。私が学生の時バイトしてた時からあるメニューです。

頭の大盛りです。昔のお新香容器は白くて丸かった。

当時はメニューがシンプル

当時のメニュー構成はとてもシンプルでした。

牛丼並 480円

大盛 580円

あとは値段覚えてないけど、牛皿並、大盛、お新香、味噌汁、ビール、酒くらいだった。

バイトの途中から朝定食が始まった。

シャケ定食は良いのだけど、納豆定食は少し嫌だった。食器を洗う時、ぬるぬるがとれるまでが嫌だった。今はどうだか知らないけど、当時は洗い場でヘチマのタワシを使っていました。

白い粒は糀

今日はお新香の白いツブの正体を書きます。

あれは「糀」です。

昔と味は変わっていない。
食べかけの写真ですみません。
白いのは白米ではなくて米糀です。

今のメニューには「お新香」としか書いていないのですが、当時は「糀漬けお新香」と書いてあったのです。

これは今のメニュー。

この記憶には確かな自信があるのです。

「おい山本、こいつ馬鹿だぜ。」

「こうじ漬の事もも漬けって言ってるんだぜ。」

大学の同級生だけどバイト先の先輩だった伊岡が、漢字を違えて読んだ後輩のバイトを、せせら笑っていたエピソードをはっきり覚えているからです。

「ふぅん、あれってこうじって読むのか。知らんかった。で、こうじって何」と言うレベルだった私は、雑学王だった伊岡に適当に合わせた。

安心して食べて下さい

この白いツブは米が間違えて入ったのでは無いのです。

お新香を漬ける時の米糀なので、安心して食べて下さい。

間違ってもクレームなんか付けてはいけません「なんで味噌汁にダイズが入っとるんか」て言うのと同等です。

米糀が見えます。

いつものくるま屋神石高原町 山本自動車工業

この記事を書いた人

山本 宰士

山本 宰士

山本自動車工業株式会社 代表取締役

広島県神石高原町のくるま屋です。